QOONELN

アウト×デラックス カッパ姿の美少女「藍上」とは その素顔は?

      2015/12/18

狐面

11月5日放送の『アウト×デラックス』でカッパ姿をしていた藍上さんは、緑のかぶりもので一部顔を隠していました。ちらっと覗かせる目や口を見ているとかなりの美少女です。かぶりものをとった藍上さんもかわいいのでしょうか?

Sponsored Link

 

藍上とは?

緑のセーラー服にカッパのかぶりものをして『アウト×デラックス』(フジテレビ)に出演していた藍上(あいがみ)さんは、1994年8月9日生まれで年齢は21歳。埼玉県出身のO型です。身長156.5cmで、体重は9月16日時点で42.85kgだった模様。

現在は一緒に出演していたオカルト研究家の山口敏太郎(やまぐち としたろう)さんの事務所「山口敏太郎タートルカンパニー」に、アイドルとして所属する新人タレントです。好きな動物は、狐、魚、猫、鴨、河童、宇宙人。動物と言えないものも含まれていますが、そこが山口敏太郎さんの気に入った点でしょうか...

藍上さんは元々、というか現在でもニコニコ生放送、いわゆるニコ生の生主(=配信者)として2012年から活動していて、その前にはYoutubeに動画を投稿していました。ニコ生の配信テーマは、怪談朗読、オカルト、雑談、料理、音楽、歌など様々なジャンル。

10月にはCDアルバム『ぽっぽタイムザBランチ』(1,725円)をリリースしています。ニコ生等で配信していたオリジナルの楽曲や朗読によって構成されていて、3年あまりのネット活動の集大成となっています。リンク先で試聴できます。

趣味は心霊スポット巡りで、スピリチュアル、オカルトが好きだという藍上さん、かなり変わった性格のようで、トイレに行っても手を洗わない、トリートメントをしたことがない、お風呂にもほとんど入らないといった女性らしからぬ習慣を持っていたり、トイレで食事をする、猫用の缶詰を食べる、外で着替えをするなどの奇行も日常的に行っています。

他人とのコミュニケーションが苦手な藍上さんは、中学生の時には不登校を繰り返し、高校は夜間高校に入ったものの退学、スーパーや飲食店などのバイトをしても続かなかったようです。

しかしネットではその綺麗な容姿や声、奇行ぶりなどからかなりの人気を得て、リスナーからはたくさんの貢物をもらっていたようです。ニコ生用語で「こじる」と言うそうです。ニコ生の生主は自分でチャンネルを持たない限り収入はなく、Amazonの欲しい物リストや銀行口座を知らせて生計を立てている人もいるようです。

 

藍上の素顔はかわいい?

藍上さんは、メガネ、サングラス、マスク、お面の他、カッパ等のかぶりものをして顔の一部を隠し、ナース、セーラー服、ジャージなどのコスプレで動画を配信することがほとんど。たまに素顔や私服で放送することもあります。

サングラスをかけている動画

サングラスを下にずらしているお顔はかなりの美少女のようです。しかし、2015年2月11日に放送された『生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー“人間とは何だ…!?”』(TBS)で恋愛の実験の被験者として出演した藍上さんの素顔を見たリスナーの間で物議を醸しました。

多くの人が、藍上さんの顔の隠れた部分の映像を脳内で形成しイメージした素顔とのギャップが大きいと感じたようで、マスク詐欺ではないかとの批判の声が上がりました。要するに「面長の顔だと思っていたのに、結構丸い顔をしていた」、もう少し具体的に言うと「頬骨が思っていたよりも出ていた」ということのようです。もちろん素顔を見ても「かわいい」という擁護派もいました。

もともと女性は化粧や髪型、服装などで大きく雰囲気は変わります。『モーニングバード』(テレビ朝日)に再現VTRの女子学生役として登場した時の素顔の動画が残っていますので、こちらと上の動画を比べて判断してみてください。ちょっと変な役ですが…

Sponsored Link

 - アイドル, タレント