QOONELN

クリスマスは映画デート!おすすめ人気ランキング2015~ホラー編

      2015/11/01

クリスマス ホラー

クリスマスはまったりお家デートという人も多いですが、そんな時には映画がおすすめ。特にホラーやサスペンスをおすすめします。クリスマスにホラー⁈と思われるかもしれませんが、実はクリスマスを舞台にしたホラー映画はたくさんあるんです。今回はちょっと変わったクリスマスのお家デートにおすすめのクリスマスホラーを人気ランキング形式でご紹介します。

Sponsored Link

 

クリスマス映画デート人気ランキングベスト10~ホラー編

10位 レア・エクスポーツ

フィンランドで氷漬けになったサンタクロースが見つかった所から始まる、ブラックユーモアな映画。正直あらすじだけで突っ込み所満載ですが、しっかりホラー映画として成り立っています。前半は正統派なホラーですが、後半になるとまた違った怖さを味わえますよ。

レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース [DVD]

9位 サタンクロース

実はサンタは神に負けて千年悪行ができなくなった悪魔だった、というパニックホラー。サンタは実はサタンの息子だった、という衝撃の事実から始まります。B級ホラーが好きな方にはたまらない内容かも?

サタンクロース [DVD] APS140

8位 キラー・スノーマン

猟奇殺人鬼が輸送事故に巻き込まれて、雪だるまの怪人になってしまうという、突っ込みどころ満載のクリスマスホラー。一応ホラーコメディなのですが、怖いというより怪人の見た目と行為のギャップに背筋が凍る作品になっています。

キラースノーマン※現在、販売されていないようです。

7位 クリスマス・テイル

7位はスパニッシュホラー。サンタの恰好をした中年女性が、自分にひどい仕打ちをした子供たちに復讐しに来るという内容。スパニッシュホラーは日本とは違い、血と臓物を思わせる恐怖が特徴です。アメリカや日本とは一味違うホラーを楽しみたい方におすすめです。

スパニッシュ・ホラー・プロジェクト クリスマス・テイル [DVD]

6位 ナイトメア・オブ・サンタクロース

サンタクロースの元となった聖人、聖ニコラウスを題材にしたダークファンタジーです。
サンタクロースの特徴と、聖ニコラウスの伝説を上手く取り合わせています。ストーリーより、スタイリッシュなアクションが見ものです。

ナイトメア・オブ・サンタクロース [DVD]

5位 ブラッディナイト 聖し血の夜

クリスマスを題材にしたオカルトホラー。正統派のB級ホラーですが、作りがしっかりしています。そのため、チープさがかえって怖さを引き立たせます。謎が謎を呼ぶ所はサスペンスが好きな方も楽しめるでしょう。

ブラッディナイト 聖し血の夜 [DVD]

4位 暗闇にベルが鳴る

こちらは外国の映画ですが、怖さはジャパンホラーに通じる物を感じます。クリスマス休暇でほとんど人のいない寄宿舎で、女生徒が一人ずつ殺されていくという内容。古い作品ですが、お化け屋敷のような演出がゾクっとさせてくれます。

暗闇にベルが鳴る HDリマスター版 [Blu-ray]

Sponsored Link

 3位 グレムリン

かなり有名な映画ですが、これも実はクリスマスからお話が始まっています。少年がクリスマスプレゼントに不思議な生き物をもらいます。不思議な生き物、モグワイには飼育時の約束があるのですが、それを破ってしまい…。というのがあらすじ。ちなみに、題名のグレムリンとはヨーロッパに伝わる機械いじりが好きな妖精の名前です。

グレムリン 特別版 [DVD]

 2位 サンタが殺しにやってくる

いかにもなホラー映画。サンタに間違った憧れを抱く殺人鬼が子供を殺しにやってくるという恐ろしい内容。殺人鬼のやり方がまさにシリアルキラーといった感じです。妙なリアルさが恐ろしさをより引き立てます。

サンタが殺しにやってくる [DVD]

 第1位 悪魔のサンタクロース 惨殺の斧 シリーズ

80年代を代表するクリスマスホラーのシリーズ作品です。2位の殺人鬼同様、クリスマスに歪んだ思いを抱く男が次々に殺人を犯していくという内容。後に5の続編も作られたスプラッターホラーです。子供の頃に見たために、トラウマを持ってしまった方も多いという、文句なしのクリスマスホラーです。

悪魔のサンタクロース 惨殺の斧 [DVD]

 

なんでクリスマスにホラーなの?

クリスマスは日本で言うお正月に当たります。これまでご紹介した映画は、日本で言えば初詣やおせちを囲んでいる場面で血塗られた事件や恐ろしいものたちが暴れまわっているような、シュールな状態なのです。ではなぜ、これほどクリスマスを舞台にしたホラーがたくさんあるのでしょうか。

クリスマスホラーの傾向を見ると「多くの人がお祭り騒ぎをしている所に怖い物が来る」
と「クリスマス休暇で誰もいない中怖い物と対決する」という物が多いです。パニックホラーや閉じ込められるタイプのサスペンスを演出しやすいのですね。クリスマスに起こっている事件も結構ありますので、そういったイメージもあるのかもしれません。神様の生まれた聖なる日に対してギャップを狙ったのもあるでしょう。

ヨーロッパにはだいたいクリスマスを扱ったホラーがあるので、クリスマスホラーの見比べも面白いですよ。

いかがでしたか?普段のクリスマスとは一味違う、背筋が凍る様なクリスマスを楽しんでみては?

Sponsored Link

 - クリスマス, 映画