QOONELN

榎木孝明 不食後は宇宙人・UFOと不思議全開!?

      2015/12/18

UFO 宇宙人

30日間の不食で話題となった俳優の榎木孝明さん。不食の後に出演した番組では宇宙人と交信できる、UFOを呼べるなどの不思議発言がありました。不食は脳に問題を引き起こす可能性があると指摘されているようですが、何か脳に影響を及ぼしたのでしょうか。

Sponsored Link

 

榎木孝明 不食後宇宙人・UFOなど不思議発言

榎木孝明さんは、今年2015年5月19日から6月18日の30日間、水分と少しの糖質、塩飴しか摂らない不食を成功させ話題となりました。不食中も通常通り仕事を続け、テレビ番組にも出演していました。不食後は『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ)、『徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演し、不食について語っています。

そんな中『ダウンタウンDX』では、榎木孝明さんは、宇宙人が呼べる等の不思議な発言をし、ダウンタウンや他のゲストを困らせていました。番組の『全て実話! 真夏の夜の奇妙な体験話』というコーナーでは、第三者を410光年離れたプレアデス星の人と交信させることができ、彼らが乗ったUFOも呼ぶことができると発言。さらに、同じ要領で死者とも交信することができると発言しました。

その発言で榎木孝明さんは、司会の松本人志さんに「うさんくさい方」と言われ、お笑いコンビ「ピース」の綾部さんにも「ちゃんとご飯を食べたほうがいい」と言われる始末。

過度な断食は前頭葉を萎縮させ、元に戻らなくなってしまうという指摘があります。前頭葉が萎縮すると物忘れなど記憶障害が起こったり、感情のコントロールが効かなくなるなどの症状が出るそうです。30日間もの不食は榎木孝明さんの脳にも影響を与えたのでしょうか。

結論から言うと不食は、榎木孝明さんの脳に良い影響を与えたようです。不食後は「集中力が増し、本を読むスピードが早くなった」「睡眠時間が減り、目覚めもスッキリしている」「頭が冴え、クリアに」など、不食前より良くなっています。脳だけでなく体調も改善されたとのこと。榎木孝明さんが『ダウンタウンDX』で発言したような体験は、不食をするずっと以前から口にしていたことなのです。

Sponsored Link

 

榎木孝明 不思議色々

若い頃から精神世界に興味を持っていた榎木孝明さんは、何度もインドやチベットへ一人旅をしています。インドにはもう十数回も行っていて、チベットではポーター(荷物運び)やガイドもつけずにヒマラヤに登り、この時、既に数日間物を食べずにいたそうです。さらに山道を歩いていると、イエティ(雪男)の集団らしきもの、人間より大きくて2足歩行している猿のようなものに遭遇したと話しています。

チベットのダライ・ラマ(チベット仏教最上位の指導者)をプライベートで訪問した時には30分の予定が、ずっと手を握られたまま2時間も話をしたそうです。ダライ・ラマも榎木孝明さんに得体の知れない何かを感じたのでしょうか。

2008年に『オーラの泉』(テレビ朝日)に出演した時には、幽体離脱を頻繁にしていると話しています。金縛りにあった時は体は眠っていて魂だけ起きている状態なので、横にゴロンと転がるようにすると幽体離脱するんだとか。女優の松雪泰子さんも幽体離脱するらしく、寝ていると体が浮いて360度回転するようです。

榎木孝明さんは、古武術や気功も相当のレベルで、『笑っていいとも』(フジテレビ)にゲスト出演した際、タモリさんに気功を披露したり、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)でもとんねるずの二人に気功を披露しています。

古武術は、父親から薩摩示現流(さつまじげんりゅう)の剣術を習い、その後、甲野善紀(こうのよしのり)氏に従事した榎木孝明さん。軽く触れただけで人を倒すことができます。さらに気功では人に触れずに、意識だけで倒すことができるようです。

気功はどのように身に付けたのか不明ですが、過去に引き受け気功を実践していると話しています。気功といっても、物事を前向きに受け入れ、余分な力を入れないといったもので、花粉症を患っていても「花粉は苦手ではない」と受け入れることで症状が軽くなるというものです。

榎木孝明さんは不食をしたから不思議になったのではなく、元々不思議な人だったから不食も達成できたようです。そんな榎木孝明さんですが、20代30代の頃には1日で2~3店舗、東京のラーメン屋さんを食べ歩いていて、ラーメン日記をつけるほどラーメン好きだったそうです。

Sponsored Link

 - 俳優