QOONELN

山形花笠まつり2015年の日程及びゲスト、雨天時の対応について

      2015/12/21

山形花笠まつりphoto by i山形

山形花笠まつりといえば毎年たくさんの人が参加するお祭りですが、芸能人の方も参加するって知っていますか?今回は山形花笠祭りのゲストや雨天時の対応や来場者数などお祭りの基本的な情報をお届けします。

Sponsored Link

 

花笠まつりの日程とゲスト

山形花笠まつりは毎年8/5~8/7に開催されます。今年2015年は3日間とも平日(水・木・金)ですね。メインの「花笠パレード」はいずれも18:00~21:30頃まで行われます。ちなみに前夜祭の花笠サマーフェスティバルは8/4の11:00~19:00です。

山形花笠祭りには毎年芸能人の方が参加します。多くは演歌歌手の方ですが、中には足立梨花さんのように、テレビで活躍される方もいらっしゃるようです。日にちごとの参加者の情報を手に入れたので、ご紹介します。

8月5日(水)

大塚文雄 渡辺祐太 葵ひろ子 池田美保

8月6日(木)

大塚文雄 加藤紀子 工藤あやの ロケット団

8月7日(金)

大塚文雄 橋本マナミ 北見恭子 松倉とし子“

今年も殆どが演歌歌手のようですが、テレビで活躍された方、山形出身のグラドルさんなど、とても個性的なゲストさんたちが参加していますね。公式ホームページでお顔を確認できますので、興味のある方は検索してみて下さい。

お祭りでゲストさんを見る際に気を付けたいのが、「花笠祭りには有料観覧席がない」という点です。花笠まつりはパレードを見るお祭りなので、スペースを広く取って行われます。その関係か、観覧席が無いのです。

見学する場合、自分で席を取らなくてはいけないので注意して下さい。席を取る場合も、見学できるスペースがかなり狭いので、他の方の迷惑にならないよう、注意して下さい。

 

花笠まつりと雨について

花笠まつりは雨が降った場合でも、小雨で踊りに影響がなければ開催・続行されるようです。あまりにも雨が強いと中止や、急きょ打ち切りになることは過去にあったようです。踊りや衣装が無事なら決行、と覚えておくといいのかもしれません。

ただ、踊りに影響が出ない小雨でも見ている人には結構キツイ…。なんてことも考えられますので、カッパも持っていくといいかもしれません。見ている時に雨に耐えられずに避難、というのもつまらないですからね。

例年の天気を見ると、おおむねお祭りの期間は晴れるようです。ただ、最近はゲリラ豪雨などもありますので、雨対策はしておくと安心できます。

雨はもちろんですが、暑さ対策も重要です。当日は暑くなる上に人が密集した状態でお祭りを見る形になります。お祭りではかなり混雑するので、お店に入るのも少し難しいです。熱中症対策はしっかりしておくといいでしょう。万全の準備をしてお祭りに参加するようにして下さいね。

Sponsored Link

 

花笠まつり 例年の来場者数は?

山形花笠祭りでは、91万人もの人が参加したと言われています。実はこの91万人という数字は目視で数えた数だそうです。もしかしたら、もっと多くの人が参加しているのかもしれません。それにしても本当にたくさんの人が来ているお祭りですね。

人数の多さと、花笠が動く関係で写真を取るのが意外と難しいそうです。花笠音頭の写真を取ろうとする方は、ぜひ夜と動きに強いカメラを持っていくことをお勧めします。上記で紹介したゲストさんたちは山車に乗って登場するようなので、そちらも忘れずチェックしましょう。

パレードの最後尾には飛び入り参加コーナーもあるそうです。飛び入りコーナーが近付くと、先頭にプラカードを持った方が現れます。花笠の先生も一緒にいらっしゃるので、興味のある方はぜひ参加してみて下さい。最後尾まで待てないという方は、ゴール付近の市役所前18:10~30「輪踊りコーナー」がありますので、そちらに参加してください。花笠もお祭りで購入できますよ。

踊りはもちろん、そのほかにも見どころがたくさんある山形花笠まつり。どんな風に楽しみたいかによって準備するものも違ってきそうですね。

2014年のゲストだった足立梨花さんです。かわいいですね。

Sponsored Link

 - お祭