QOONELN

ロッテ乳酸菌ショコラの効果は便秘解消 でもカロリーが気になる?

      2015/12/18

乳酸菌ショコラphoto by LOTTE ONLINE SHOP

今年の10月13日にロッテさんから発売された『スイートデイズ 乳酸菌ショコラ』というお菓子をご存知でしょうか?名前の通り、乳酸菌をチョコレートで包んだ斬新なお菓子です。乳酸菌を使ったお菓子はたくさんありますが、なぜロッテさんはチョコレートを使ったのでしょうか?また、この乳酸菌ショコラにはどんな効果があるのでしょうか?気になるカロリーについてもご紹介します。

Sponsored Link

 

『スイートデイズ 乳酸菌ショコラ』って、どんなお菓子?

ロッテさんから10/13に発売された『スイートデイズ 乳酸菌ショコラ』は、ロッテさんと日東薬品工業株式会社さんとの共同開発で生まれたお菓子です。

実は乳酸菌は熱や胃酸に弱く、どんなに食べ物から摂取しても何割かの乳酸菌は腸に届く前に死んでしまうのです。よく乳酸菌入りの食品コマーシャルで「生きたまま腸に届く」とは、この事を指しています。

そこでロッテさんと日東薬品工業株式会社さんは、チョコレートの油脂で乳酸菌を包めばいいのではないか、と思いつきます。これがこの乳酸菌ショコラなのです。

チョコレートで乳酸菌を包むことで、包んでいない状態の100倍以上の乳酸菌を腸に届ける事ができます。また、チョコレートで乳酸菌を保護している状態なので、常温で管理ができる上に、気軽に乳酸菌を取り込むことができます。

チョコを食べることで、気軽に乳酸菌を体内に取り込むことができるのです。では、乳酸菌にはどのような健康効果があるのでしょうか?

 

 

乳酸菌の健康効果

乳酸菌

乳酸菌の代表的な効果に整腸作用があります。乳酸菌は腸内環境を整える効果があり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にし、善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させます。
この働きから、便秘や下痢を改善する効果があります。便秘や下痢をしやすい体質の方は、乳酸菌をとる習慣をつけると改善されることがあります。

また、善玉菌の1つであるビフィズス菌を活性化してくれます。ビフィズス菌には殺菌力の強い酢酸を生み出す能力があり、これが腸内の悪玉菌を殺菌してくれます。悪玉菌が多いと便の腐敗臭が強くなり、大腸がんやポリープが発生するリスクが高まります。また、体調不良も頻繁に起こるようになるのです。乳酸菌はビフィズス菌とともに、悪玉菌から腸を守ってくれるのです。

また、腸内環境が整っていると免疫が強くなります。実は免疫細胞の6割は腸にあるのです。腸が弱っていると体調不良になるのは、この免疫の機能も関係しています。腸内環境を整えると、免疫機能が活性化しインフルエンザのような感染性の病気に強くなります。また、アトピーやアレルギーの改善にも腸内環境は関わっています。

Sponsored Link

 

気になるカロリー 1日の摂取量は?

体に良い効果のある乳酸菌を含んだ乳酸菌ショコラですが、チョコレートだけありカロリーが気になりますね。乳酸菌ショコラ1個のカロリーは約22kcal程で、1箱は308kcalです。さすがに1日1箱も食べてしまうと問題ですが、仕事や勉強の合間につまむ位ならあまり気にしなくてもいいでしょう。

気になるのは乳酸菌ショコラに含まれる乳酸菌は植物性。乳酸菌の詳しい種類は分かりませんが、『熱や胃酸に弱い』という特徴をあげていることから、大きな区分としては「加熱処理をしていない、生きた乳酸菌」であることは間違いないでしょう。

生きた乳酸菌は熱や胃酸に弱い上に、腸内でも他の菌に阻まれやすいので定着するのが難しいと言われています。そのため、生きた乳酸菌から効果を得るには大量に摂取しなくてはならないのです。また、若く健康な時なら効果もありますが、病気や加齢によって腸が弱っているとその分定着が難しくなります。

もし、生きた乳酸菌の効果を得たいならとにかく大量に摂取しなくてはなりません。そうなると、チョコレートの油分や糖分が気になりますね。

乳酸菌ショコラだけで乳酸菌を取り入れる、というよりは普段からヨーグルトなどを意識的に食べつつ、高カロリーのおやつやジャンクフードの代わりに乳酸菌ショコラを活用する方が、効果的でしょう。

 

Sponsored Link

 - 健康, 美容