QOONELN

マツコの知らない世界 豪華客船いろいろ 1万円台から乗れる?

      2015/12/18

豪華客船

10月27日の「マツコの知らない世界」(TBS)では、1年の半分以上を海で過ごしているという上田寿美子さんが豪華客船の世界を紹介。1泊1万円台で体験できるお手頃クルーズや大相撲を楽しめるクルーズ、世界最大の客船、ロボットのいる未来型客船など多種多様です。

Sponsored Link

 

1泊のクリスマスクルーズ「にっぽん丸」

にっぽん丸

総重量2万1,903トン 全長166.65m 乗客定員523名

豪華客船「飛鳥Ⅱ」、「にっぽん丸」、「ぱしふぃっく びいなす」は、12月になるとクリスマスの装飾が施され、ディナーとショーがついたクリスマスクルーズに変わります。クリスマスクルーズは1泊2日または2泊3日の短い日程で、1泊4万円程度のお手頃な価格で豪華客船を体験できます。

極上の牛ヒレ肉ステーキ、新鮮な真鯛ポワレなど豪華クリスマスディナーを楽しんだら、ロシア国立モスクワ・アカデミー合唱団のクリスマスコンサートを見たり、カジノで遊んだり。横浜や神戸の夜景を見ながらシックなバーでカクテル片手に恋人と語り合う。大切な人と特別な1日を過ごすのに最適なクルーズです。

 

船内で大相撲!?日本が世界に誇る豪華客船「飛鳥Ⅱ」

「飛鳥Ⅱ」

総重量5万142トン 全長241m 乗客定員872名

2014年の「大相撲クルーズ2014」では、横綱・白鵬関や大関・稀勢の里関など4名の力士、藤島親方・浅香山親方が乗船。乗船前に朝稽古を見学(オプション)し、船内では関取スペシャルトークショー、親方トークショー、大相撲文化講座、相撲健康体操教室、鏡開きなどのイベントが行われました。

2016年は6月1日(水)〜3日(金)の2泊3日で「大相撲クルーズ2016 飛鳥Ⅱ」が開催されます。乗船する力士や親方は2016年4月に発表されます。旅行代金は客室によって114,000~557,000円。10月1日現在ですでに受付終了またはキャンセル待ちになっています。

 

1泊1万円~2万円台のお手頃な客船

日本発着で1泊1万円~2万円台のお手頃な価格で楽しめる豪華客船があります。料金には普通の豪華客船と同じように、朝食・昼食・夕食・夜食と1日4食の食事、宿泊代、各施設の利用料、ショーや映画の鑑賞料などほとんどの料金が含まれていてかなりお得です。

「ダイヤモンド・プリンセス」

総重量11万5,875トン 全長290m 乗客定員2,706人

日本外交客船協会「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014グランプリ」他数々の賞を受賞した「ダイヤモンド・プリンセス」はイギリスのプリンセス・クルーズが運行する客船。メイン・ダイニング5ヵ所では、世界各国のインターナショナルな料理を味わえます。他にも寿司、イタリアン、ステーキのレストランも完備。

展望浴場、スパ、プールはもちろん、ラスベガススタイルのショーやカジノ、ワインのテイスティング、ダンスや着付けなどカルチャー教室もあります。クルーズの目的地は台湾や韓国、ロシア。日本発着のクルーズは5日~12日の日程で、早く申し込めば、6日以内のクルーズで5,000円or10,000円、7日以上のクルーズで10,000円or20,000円の早期割引があり、更にお得です。

 

「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」

総重量13万8000トン 全長310m 乗客定員3286人

洋上のテーマパークと呼ばれる米国の豪華客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」は、アジア最大級の客船でレストランは6ヶ所、バーは10ヶ所もあります。他の豪華客船が備えているプールやジャグジー、スポーツジムなどの施設の他に、サーフィンができるフロー・ライダー、ロッククライミング、そしてアイススケートリンクもあり、様々なスポーツが楽しめます。

スケートリンクでは織田信成さんのショーなどが楽しめます。元プロサッカー選手のイベントや、石田純一さんのコンサートなどエンターテイメントがかなり充実しています。クルーズは国内や韓国・台湾などを目的地として5日~9日ぐらいの期間のものが多くなっています。

 

ロボットのいる未来型客船「クアンタム・オブ・ザ・シーズ」

クァンタム・オブ・ザ・シーズ

総重量16万7800トン 全長378m 乗客定員4,905名

2014年11月に就航した「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は世界第2位の大きさを誇る大型客船。ロボットがいると言っても「変なホテル」のように人型のロボットが接客をするというわけではなく、スマート6という最新テクノロジーを採用しています。乗船手続きをオンラインで行ったり、リストバンドで鍵の開閉や会計を行ったりします。他の豪華客船では、船内でスマホなどの通信が繋がりにくくなりますが、「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」では衛星通信を利用することで地上と変わらない高速通信が可能です。

ロボットアームがカクテルを作るバイオニックバーや、ロボットアームがモニターを動かしてショーを盛り上げるラウンジもあります。目玉は、カプセルに乗って92mの高さから洋上を眺めることができる「ノース・スター」、スカイダイビングを体験できるSミュレーター「リップコード・バイ・アイフライ」などのアクティビティ。上海、香港発着がメインで、日本には寄港しますが日本発着はありません。

クァンタム・オブ・ザ・シーズ ノーススターphoto by swns.com

Sponsored Link

 

伝統を重んじる客船「クイーン・エリザベス号」

クイーン・エリザベス ロイヤルコートシアターphoto by サライ.jp

クイーン・エリザベス

総重量9万900トン 全長294m 乗客定員2,068名

世界で最も有名な豪華客船「クイーン・エリザベス」は格式の高い客船で、船内も他の客船とは少し異なります。他の客船と同様の施設の他に、6,000冊以上の蔵書を持つ2階建ての図書館や約800人収容できる3階建て大劇場、午前中はフェンシング教室、午後にはアフタヌーンティー、夜は舞踏会が開かれる社交場など英国の伝統と格式を重んじる施設が備えられています。また、バドルテニス、クリケットなど英国伝統のゲームを楽しめる屋根付きのゲームデッキもあります。

価格は3日間で47,000円とリーズナブルな値段からありますが、イギリス発着ですので、クルーズだけというわけにはいきません。上田寿美子さんが昨年乗船された120日間の世界24カ国41港を巡る世界一周旅行では、途中日本に寄港したそうです。

 

世界最大の客船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」

オアシス・オブ・ザ・シーズ

オアシス・オブ・ザ・シーズ

総重量22万5,282トン 全長360m 客定員5,400名

世界最大のクルーズ客船「オアシス・オブ・ザ・シーズ」は17階建ての客船で東京ドームの3分の1を占めてしまうほどの大きさ。船内には、洋上にいるとは思えないほど施設が充実しています。20ヶ所以上のカフェやレストランがあり、中にはエレベーターのように6階から8階を上下する「ライジングタイドバー」という変わったバーもあります。

「アクアシアター」という巨大円形劇場では、シンクロナイズドスイミングや水中バレエ、飛び込みや噴水ショーなどが繰り広げられます。世界最大の客船ならではの6デッキ分の高さがあるロッククライミングや、9デッキ分の高さを斜めに25mのロープを滑降するジップラインなどアクティビティーも充実しています。米フロリダ州発着のカリブ海クルーズがメインです。

Sponsored Link

 - 観光