QOONELN

えごま油と亜麻仁油の違いは?効能や味を徹底比較!

      2015/07/08

えごま油

最近トランス脂肪酸を含まない油として有名なえごま油と亜麻仁油。名前からして違う油のようですが、一体どんな効能があるのでしょうか?えごま油と亜麻仁油の違いを調査しました。

Sponsored Link

 

えごま油と亜麻仁油の違いって?

まず、2つの油がどんな油なのかについて調べました。

えごま油は荏胡麻というシソ科の植物から作られた油で、しそ油とも言われるそうです。脂質やタンパク質の他にもビタミンやミネラルを豊富に含み、必須脂肪酸の1つであるオメガ3脂肪酸でできています。

オメガ3脂肪酸は血中のコレステロールを下げる効果があり、動脈硬化などの悪玉コレステロールが原因となる病気を予防してくれます。燃焼効率が良いのでダイエット効果があり、抗アレルギー作用がアトピーなどの皮膚病を緩和してくれるそうです。

亜麻仁油は文字通り亜麻の実から絞られた油です。えごま油同様、オメガ3脂肪酸を大量に含みます。単純な含有量であれば、亜麻仁油の方がオメガ3脂肪酸の含む量が多いそうです。

ただ、亜麻仁油にはほのかな青い香りがあるようです。植物の新鮮な香り、と言えば分りやすいでしょうか。これが人によっては「青臭い」と感じてしまう為、そういった方はえごま油を使うそうです。

 

えごま油・亜麻仁油はトランス脂肪酸対策の強い味方!

Sponsored Link

最近健康に良くないと言われているトランス脂肪酸ですが、このトランス脂肪酸の対策として、亜麻仁油とえごま油は使われています。トランス脂肪酸の害を簡単に言いますと、「体に全く必要ない油の上に、悪玉コレステロールを増やしてしまう」という感じになります。この他にもアトピーやアレルギーを悪化させてしまう効果もあるみたいです。

幸い、日本人は欧米に比べ油や肉の摂取量が少ないため、普段の食事で油物を摂り過ぎないようにすれば深刻な健康被害を避けられるようです。

実は、2つの油はトランス脂肪酸をほとんど含まない上に、オメガ3脂肪酸という「悪玉コレステロールを下げる」効果のある脂質をたくさん含んでいるのです。亜麻仁油とえごま油を普段の生活に取り入れれば、トランス脂肪酸の害から体を守ることができます。トランス脂肪酸を普段の生活から全て締め出すことはとても困難ですが、健康被害を軽減することはできます。亜麻仁油とえごま油はその手助けをしてくれるのです。

 

えごま油と亜麻仁油 調理法には注意!

えごま油 サラダ

良い効果が一杯なえごま油と亜麻仁油ですが、一つだけ注意点があります。それは「熱に弱い」という点です。2つの油に含まれるオメガ3脂肪酸は熱に弱く、加熱しすぎると酸化して効果を失ってしまいます。

亜麻仁油とえごま油を調理で使う際は、ドレッシングの材料や仕上げの調味油として使用することをお勧めします。サッと火を通すだけの料理に使用するなら問題はないようです。

また、いくら健康にいいと言っても油は油ですので、摂り過ぎには十分注意して下さい。オメガ3脂肪酸は、油の量にするとティースプーン1杯分程度で十分だそうです。少しの量を無理なく毎日摂る方が効果を得やすいとも言われています。

トランス脂肪酸は油が加工されると生まれる油ですので、ほぼ毎日どうやっても摂ってしまう物質です。健康被害から身を守るためにも、「少しの量を毎日摂る」という点を心がけて下さい。普段の生活に亜麻仁油とえごま油を取り入れて、トランス脂肪酸の健康被害から美味しく自分の身を守りましょう!

 

Sponsored Link

 - 健康