QOONELN

大阪天神祭 ギャルみこしの楽しみ方 2015年はオールスター!!

      2015/12/21

神輿

毎年大阪天神祭で行われている「ギャルみこし」を知っていますか?女性だけで担ぐお神輿で大阪天神祭の目玉でもあります。

天神筋商店街が地域の振興と街づくりを兼ねて始めたものなのですが、そのうち有名になり、大阪天神祭の目玉にまでなったイベントなのです。今回はそのギャルみこしについてご紹介します。

Sponsored Link

 

天神祭 ギャルみこしの歴史

ギャルみこしは正式名称を「天神祭女性御神輿」といいます。最初はこの正式名称で呼ばれていたのですが、有名になるにつれて「ギャルみこし」と呼ばれるようになり、それが定着しました。

第一回目は1981年。天神筋商店街の4町会、四番街、天四北商店街、天五商店街、天六商店街が町おこしのため協力し、「御羽車講」巡行の1つとしてギャルみこしは始まりました。

第一回目は天満宮への参拝は認められませんでしたが、第二回目から巡行の一環として認められるようになりました。今のギャルみこしのハッピは赤なのですが、この一回目と二回目の頃は青のハッピを着ていたそうです。見たことのある方はラッキーかもしれませんね。

第三回目からは「ミス天神橋」を選び出す、ミスコンが開催されるようになりました。面接選考会も回を重ねるごとに凝ったものとなり、テレビでも放映されるまでになりました。
今では海外のお祭りや市に日本の代表として招待されるまでになりました。

 

ミス天神橋って?

Sponsored Link

ギャルみこしの巡行後に様々な賞が発表されます。その中に、天神筋商店街の顔として様々なイベントに参加できるのが、ミス天神橋なのです。

イベントに参加できる賞は4つあり、以下のとおりです。

  • ミス天神橋         1名
  • 準ミス天神橋        2名
  • 御羽車娘(おはぐるまむすめ)1名

選考基準としては元気で素敵な笑顔であること、お神輿を誰よりも頑張って担いでいた人であるとしていますが、面接選考会ではかくし芸をするなどかなり凝ったものになっています。

巡行後の懇親会にて授与式を執り行い、記念品が授与されます。この他に、25日の花火大会では船に乗りながら花火を楽しめるなど、受賞者のみが楽しめるイベントもたくさんあります。その他にもテレビや新聞の取材をはじめ、お祭りが終わった後も1日駅長や1日船長など、大阪市で行われるイベントに参加することができます。

また、このミス天神祭からテレビ出演を果たした方もいらっしゃいます。ミス天神祭は、タレントデビューの道の1つにもなっているのです。

 

ギャルみこし 今年のスケジュールは?

ギャルみこしphoto by 産経WEST

ギャルみこしは、今年は7月の23日12時ごろから、巡行スタートだそうです。巡行マップはこちら

35周年の記念として、天満駅、地下鉄扇町駅、天神橋筋6丁目駅にて歴史展が、天神橋筋商店街のそれぞれの場所で写真展が開かれています。ハッピのデザインも一新して、新しい物を使うそうですので見に行かれる方はハッピのデザインにも注目してみて下さい。

今年は担ぎ手の募集を行っていませんが、その代わり35周年記念として歴代のギャルみこし参加者がオールスターで神輿を担ぐようです。今までとは違うギャルみこしが見られるようですので、今までのギャルみこしを知っている方も、知らない方も同じように楽しめる回になっているようですね。

テレビなどでもPRとして数回紹介されるようですので、気になった方はギャルみこし特設ホームページを見るといいでしょう。

世界にも認められているギャルみこし。天神祭の始まりを飾る華やかな御神輿です。今年は特に記念ということでいつも以上に気合の入ったお神輿になるようですので、興味がある方は是非見に行ってみてください!

天神祭 アクセス・最寄駅情報~見どころや穴場へのおすすめの行き方

Sponsored Link

 - お祭