QOONELN

天神祭2015屋台出店場所・時間は何時から何時まで?おすすめは?

      2015/07/24

屋台 提灯

日本3大祭りの1つである大阪の天神祭。毎年7月の24、25日に行われるお祭りで、多くの人たちがこのお祭りの為に大阪まで足を運びます。今回はそんな天神祭の屋台の出店場所・営業時間、おすすめの屋台をご紹介します。お祭りに参加される際は是非参考にしてください。

Sponsored Link

 

天神祭の屋台は何時から何時まで開いてる?

屋台は24、25日の両日出ているそうですが、25日、特に花火大会と重なる19時~21時が特に混むみたいです。この時間帯は避けた方が良いでしょう。

屋台は11時~23時ごろまでと、ほとんど1日中出ているようです。早い所ではもっと早い時間から出ている屋台もあるそうなので、屋台のみで楽しみたいなら午前中に行ってしまうのもアリかもしれません。

後ほど詳しく紹介しますが、天神橋筋商店街のエリアの屋台は比較的早く開いている物が多いそうです。また、反対に、人通りの多い大川沿いのエリアは開く時間が遅いみたいですので、天神橋筋商店街→大川沿いといった感じで移動するようにすれば無駄なく屋台を回れますね。

ルートとしても自然に行くことができるのでおすすめですが、大川沿いエリアは24、25の両日とも混雑しやすいエリアのようですので、混むのが嫌いな方は商店街エリアまでで切り上げてしまうのもいいかと思います。

屋台のみを楽しみたいなら午前中に商店街エリアのみを回るのが、一番スムーズに回れそうですね。

天神祭 アクセス・最寄駅情報~見どころや穴場へのおすすめの行き方

 

天神祭 屋台の出店場所は?

Sponsored Link

上でもご紹介した天神筋商店街エリア、大川沿いエリアの他に、大阪天満宮の境内に屋台は並びます。

天神祭の屋台の範囲(地図の茶色の部分です)を簡単にすると、こういう感じになります。

天神筋商店街エリア
JR天満駅より南にまっすぐ、大川エリアまで

大川エリア
JR桜ノ宮駅北側~JR地下鉄天満橋駅までの川の両側

大阪天満宮境内
文字通り、大阪天満宮境内。天神筋商店街の通りから横道に入る。

大川エリアは川の両側にあるのでその分多くの屋台を楽しめそうですね。天神筋商店街エリアはほぼ一本道なので、迷わずに屋台めぐりが出来そうです。

上でもご紹介しましたが、天神筋商店街エリアの屋台は比較的早く開く屋台が多く、道も複雑ではないので初めて天神祭の屋台を楽しむ方は、こちらのエリアを中心に回る方が良いでしょう。浴衣を着て回る際も、こちらのエリアの方が混雑していないので安全です。

大川エリアは範囲が広い上に人通りが多く、確実に混雑します。イベントの多いエリアでもあるので見どころはたくさんありますが、屋台のみが目当ての方にはあまりお勧めできません。

逆に、屋台だけでなく花火なども楽しむ予定なら大川エリアの方が良いでしょう。屋台が多いので時間つぶしもやりやすいですし、屋台が出る時間が他より少し遅いので他のイベントを楽しみながら屋台を楽しむことができます。

大阪天神祭花火2015浴衣で行っても安心な穴場スポットは?

 

天神祭でおすすめの屋台は?

天神祭 屋台

大きなお祭りだけあって、ポピュラーな屋台は全て出ているようですね。焼きそばやかき氷などの他に、ジャンボたこ焼きや韓国風から揚げなどが見つけられました。お店によって工夫もされているようで、林檎飴に名前を書いてくれるようなお店もあるみたいです。

食べ物に関しては本当に書ききれない位お店が出ているようです。食べるのが好きな方はすごく楽しむことが出来そうです。

食べることを重視される方には、天神筋商店街エリアがおすすめです。一般的なお祭りの屋台では見られないオリジナルの食べ物が出ていたりします。これは商店街のお店が、お店の前で出している屋台です。結構本格的なものもありますので、そんな屋台を探すのも楽しみのひとつです。

この他にもお化け屋敷があったり、有名店が出張で店を出していたりと、普通のお祭りではあまり見かけない形の屋台がたくさんあるようです。

食べ歩きをするよりどこかに腰を落ち着かせて食べた方がよさそうでした。食べ歩きをしたい方もいらっしゃるかとは思いますが、とにかく人の多いお祭りなのでお勧めできません。

境内など広い所はあるので、そういった場所で食べるようにした方が良いでしょう。

屋台エリアの範囲が広いので、屋台をめぐるだけでも十分楽しむことができるのがすごいですね。

花火や神輿だけでなく、屋台を楽しみに天神祭に参加してみるのも、面白そうですね。

Sponsored Link

 - お祭